なぜ、あの強い恐竜たちは絶滅したのか?単純に外部環境が変わったから

asst

全国の店舗経営者にお伝えします。まずはこれから書く内容を一字一句漏らさずお読み下さい。読まなければ、あなたのお店は無くなるのかも

企業生存率、つまり起業の成功率といえますが、企業が生き残る数を表している数字をまずは見てみましょう。

  • 1年:40%
  • 5年:15%
  • 10年:6%
  • 20年:0.3%
  • 30年:0.02%

なんとわずか1年で40%しか生存していません。これは驚きですよね。1年といえば立ち上げたばかりなのに何があったのでしょうか。

さらに5年もたつと85%の企業が倒産してしまいます。ほどんどですね。

これが「店舗経営」に限ると更に数字は悪くなります。

なぜ潰れるかは単純に経営者が潰した経験がないから、どんな対処をして経営をすれば良いか分からないのです。ただ、分かる事は「真面目に運営している店舗は潰れる」と言う事はお分かりになると思います。

つまり、普通の店舗経営者が知らない事を知っていないと生き残りは難しいと思います。運で生き残っている経営体は今の日本の市場では皆無だと思います。

経営と年齢

個人店や中小企業では経営者は後継者がいない限り老人になってもハードワークしないと稼げません。ただし、体力的に死ぬまで働くなんて言う方がいますが無理です。

社会保障が弱くなって、2016年の現在でもこんな言葉が出ています。

もう完全に社会現象になっていて知る人もいると思います。

動画を観てしっかりと掌握するべきです。

生活保護を受けるか65歳ぐらいまでに貯金を単身でも最低3,600万円ぐらいは貯めないと生きて行けません。未来はもっと厳しい事が推測されます。

老後を考えるとサラリーマンより自分で事業をした方が努力は出来ますが継続するのでさえ大変な時代なので経営の視点を経営者は変える必要があります。

何が言いたいかと言えば店舗経営して相当の収入を得られないのであれば何か考えないといけないと「明日の店舗経営研究会(アスケン)」では思っています。

30年前の店舗経営者と今の店舗経営者は経営の仕方は規模の大小に関係なく異なります。

特に60歳以下であれば真剣に考える命題です。

今、特に飲食店経営は難しくてマクドナルドやワタミでさえ大きな赤字をかかえているので、資金力のない中小・個人店は将来に対して存続しづらいと思うのが妥当だと思います。

逆にインターネットを中心にビジネスをする孫正義氏や三木谷浩史氏は資産で1兆円を超えています。

大きな投資がかかる店舗ビジネスは儲けづらいビジネスになってしまいました。

世の中は「頭の良い人」「お金持ち」「大きな会社」が都合の良いように出来ている。

2016年、大企業はニコニコです。アベノミクスについて感謝しています。

市場にあるお金は「頭の良い人」「お金持ち」「大きな会社」に吸収されて「凡人」「貧乏人」「小さな会社・個人」は吸収しにくい所か取られて行きます。

下の動画をご覧下さい。大企業はこんなにウハウハな感じです。小さな会社・個人経営者からすると「マジ」で?と言う感じでしょう。

ただし、大手でも厳しい状況の会社も存在します。その差は…

強い会社を作れた経営者より環境に対応出来た経営者が生き残る。成長ではなく進化出来た人が生き残れる。

日本の店舗経営者に僕が伝えたいのは売上や利益に着目するのではなく、「収入」に着目して欲しいと思っています

そこへのアプローチが2016年のアスケンです。

21年間の店舗経営サポートの経験と知識を踏まえて、業界初の店舗経営者が最速最短で大きな収入を得れるプログラムを構築しました。

入会出来るのは限定数になりますがドリームボックスをつくりました。

まず、入会者にとって全くマイナス要因がないプログラムなので入会者全員が「豊か」にたどり着けるでしょう。従来どおり月に一度の講座は行いますが自宅でも十分に経営状態を良くしたり収入を増やせる会員専用サイトASMPを開発しましたので全国の方に気軽に参加頂けると思います。

まだの方は「明日の店舗経営研究会(アスケン)の公式アプリ」をダウンロードして下さい。

重要情報が配信されます。勿論無料です。

<無料限定公式アプリ特別冊子>
mm1

<公開しました。公式アプリに「メニュー欄」にURLを掲載しています!>
mm2

・アスケン公式アプリダウンロードサイト

アスケン公式アプリがここからダウンロード出来ます。勿論今なら無料です。
『おめでとうございます。店舗経営する人、店舗経営に関わる人、今後店舗経営をしたい人、そしてアスケンに興味を持っている人にとってはこのアプ...

2016年1月16日 業界初のとんでもないプログラムが公開

⇒ http://lp.band-kun.net/lp/asuken-html

スポンサーリンク

シェアする

フォローする