アスケンRIDEチームがBRM1026 200km AJ千葉に参戦!ビジネスと共通するひとつの真実 俺達のブルベ。

シェアする

DSC01384

『なんとなく身体にいいんじゃないかな?って思って2013年に発足したアスケンのロードバイク研究部会、別の名を”アスケンRIDE チーム” 2014年1月になんかこう言うのって目的ないと陳腐化すると思い決めたブルベ参戦、いろんな事を教えてくれるブルベに今回も新人3名を入れて7名の参加となった。』

参加メンバーは、SRにもっとも近い男 400kmランドナー 北田宏明(ヒロ)、最近力をつけてきた300kmランドナー 宍戸慎一良(シシド)、安定感抜群 練習の鬼300kmランドナー 石川勝裕(イッシー)、身体能力の高さで2回目の参戦 平野剛史(平野)、そして私、400kmランドナー小野和彦(小野)である。

今回新人の3名を紹介します。田辺佳浩(タナベー)53歳、岡村嘉紀(岡村さん)44歳、久保田健嗣(ジーケン)38歳です。意外にも3名とも飲食店の経営をしている社長さんです。

ちなみに3名が乗るロードバイクは小野が選定のアドバイスをしました。(笑)

今日のコースはこんな感じのコースです。難易度は5段階の2で距離も200kmなのですが実にずるいコースです。数字的には最も高い山が300mなので初心者でも走れるコースのように思えて実は獲得標高で2242mもあるんです。そして純粋な距離が206km程度ある事です。

皆には内緒にしておきましたが・・・

終盤はずっとアップダウンで心と身体を削ります。

BRM102map

スタート前にシシドと打ち合わせしました。全員完走を目的に決めた事は・・・グループを二つに分ける事でした。

Aチーム シシド、岡村さん、ジーケン シシドに二人をかかえてもらいました。

Bチーム 小野、イッシー、ヒロ、タナベー、平野、そして小野が考えたラン編成は以下のようです。

ヒロ、小野、タナベー、平野、イッシーです。この順番に決めたのには訳が勿論あります。

一番キツイ役をヒロに任せました。

スタートは袖ヶ浦海浜公園7:00です。アスケンRIDEチームは第二ウェーブで全員7:10になりました。

ブリーフィングが始まり、なんとなく緊張感が出てきました。

1902741_690219031068446_3673255359635426241_n

さてと出発です。

今回の第一のポイントはマザー牧場の山越えです。ここの通り方で新人の3人が完走出来るか出来ないかが分かると思っていました。PC1が嫌らしい場所にあるんです。(39.7km地点)後半の130km過ぎからずっとアップダウン、山越えが続くので温存もしたいし、時間的な貯金もつくりたい。下手をしてトラブルなどがあるとPC1でタイムオーバーもありえました。

スタートしてから20km地点・・・信号待ちをしていると小野の後ろでプシューって言う音が!まさかと思っているとタナベーのバイクの前輪のタイヤから空気が抜けていきます。

まさかのタナベーにバイクのパンク・・・トラブルです。

早く処理しないといけないのでチューブ交換の仕方を教えました。

10728580_733479563398234_1694114924_n

第3ウェーブのメンバーが抜いていきました。

DSC01390

20分程度ロスしましたが・・・この人には完走してもらいたいと言う個人的な想いがありました。

もう半年以上になるでしょうか?メッセンジャーでいきなりピナレロの写真にコレどうですか?と言うメッセージを入れて送ってきたのがタナベーでした。年齢も52,53歳で間違いなく始めるには遅い歳ですが小野の話をちゃんと聞いてくれてちゃんと行動してくれたんです。

タナベーと初めて一緒に走った時に彼はこう言いました。

歳をとってから息を切らすってしなくなっていた。だからバイクやろうと思いました。

アスケンのメンバーだけで走るアスケンRIDEと言うのがあるのですがタナベーのファーストランは膝痛で途中リタイヤしました。その後貪欲に練習を重ねて100km完走を果たしました。長距離を楽に走れるようにクリートをはめた最初のランは3回落車して肩に怪我をおいました。

普通ならやめる!

そして会うたびに自転車の話をしてきて、いつしか彼の欲しいものはブルベの200km完走になっていました。

装備の質問、毎日の練習、アスケンRIDEにも貪欲に参加して力を上げて行きました。周りはみんな自分より年下なのに師と仰いで先人の話を聞けるポテンシャル。それは純粋に欲しいものがあっても出来ないことなんです。

これってビジネスに共通しませんか?

知識を貪欲に実行して相手のせいでなく自分の反省として努力出来る

普通であればクリートを進めたメンバーのせいにして・・・

小野は彼の店舗の開業時に1つ武器を与えたんです。今も続けてくれてて繁盛しているんです。これはこのような彼の性質があるから出来る妙味なんです。

だって格好つけないで欲しいものの為に貪欲に行動できればビジネスなんて簡単だから

なので53歳の彼に完走してもらって皆に見せて欲しかったんです。

こんな仕事に対する性質が全部分かるのがブルベなんです。

どうにかパンクを修理してマザー牧場を目指します。

感触としてあまりたいした事は無かったのですがひとつ気がかりが・・・タナベーとヒラノが自分のペースで登っていない。後半になってどっかに痛みが出ないといいと思って二人には言い続けました。

ただ、皆元気に到着しました。

DSC01397

Aチームは走るので精一杯で写真があまりないのですがこんな写真残っています。

1391531_690219077735108_652100330096225904_n

ここから数百メーター登ると頂上なのでそこから下って行くとまもなくPC1になりました。

なんなくPC1に到着です。到着時刻は9:26(タイムリミット10:10)

パンクしたわりにはまずまずです。ここで15分休憩しました。

次のPCまでは約50kmあります。なのでPCでなく60km地点あたりのコンビニでゆっくりと食事をしようと思ってスタートしました。ただ、いくら走っても店すらないんです。

やっと見えてきたのがこの看板です。

DSC01410

レストランだと時間がかかるのでハンバーガーを食べる事にしました。その名前もビンゴバーガー(笑)

ビンゴバーガー

すごいボリュームです。

他のブルベ参加者の人も食べて寛いでいます。アスケンRIDEチームも!

10728926_733479523398238_378123331_n

この大きさ!

10744919_10205123402190254_1266706237_n

こんなおまけくれました。ちなみに平野は1300円のダブルのハンバーガー食べていました。(笑)

DSC01409

ヒロはメンテしていました。もうベテランですね!

DSC01411

周りの参加者の方もずっと寛いでいたのでゆっくりしていました。時計みるとヤバクない? 準備して少し飛ばしてPC2に向かいました。小野はシートの調整の為に皆には先に行ってもらいました。平野だけ遅く、小野の後についてきました。

走って行くと海を感じていました。こんなお店が・・・もう少しでPC2です。

DSC01412

到着・・・アレ平野が来ない?やっと来ました。

DSC01416

ただ・・・

DSC01414

平野が膝に痛みです。イッシーがサポーターを貸しますが一度痛みが出たら通常走れません。新人はどうしても漕ぐ時に踏むので膝に負担がかかります。ポジション設定の場合もありますがロングライドの時は新人にはサポーターをして走るように言ってはいたのですが残念です。

今回参加したメンバーでは最も身体能力は高いはず。サポーターないだけで完走を逃した平野、次のリベンジみてみたいです。

そこには最後まで心配してみているタナベーがいました。

ここでAJ千葉のスタッフの方がいて・・・

ビンゴバーガーで食事していたのはBRM1025 300km の昨日夜出発した人で相当早いメンバーの方です。

しまった!貯金つくらないと・・・

僕らがPC2を出発したのは12:55(タイムリミット 13:10)

ここからPC3までは約70kmです。

ずっと湾岸を走って鴨川有料道路、養老渓谷、三石山、そして最後のアップダウンです。

綺麗な湾岸道路を走ります。

DSC01419

こんなところも

DSC01420

そして・・・橋の支柱にあるオブジェも面白いです。

DSC01422

海にわかれを告げて鴨川有料道路を走ります。

kamogawa

なんかいきなりずーっと登り坂です。橋の支柱にシャチですかね?

shachi

道路脇の木に野生のサルがいました。少し怖かったので写真はとれませんでした。デカイ!

料金所です。20円払いました。なんか坂を登って料金払うのイラッてしました(笑)

kamogawa ryoukin

そこから少し走っていくと下りになりました。その後細い林道を走って行きます。下に落ち葉があってスリップが怖いです。その後に三石山が・・・最大勾配10%だそうです。

mitsuishi

登りきると一気に下りです。下りきると少し大きな道路にぶつかりました。

下に川が流れていてのどかな風景に心が癒されます。

DSC01425

こんな写真も・・・

10735981_356431067872386_1269081828_n

ここでタナベーさんも到着で合流です。

PC3までは後20kmほどです。ゆるいアップダウンを走っていると・・・イッシーが合流です。脚をつったようです。

そんなころ、シシドが撮った写真です。

10402894_690219151068434_6030654136192052438_n

平野が完全に止まっていました。シシドは輪行を進めたようですが・・・ゆっくりと進む事にしたようです。やがて岡村さん、ジーケンにも抜かれて行きます。平野にはリベンジ期待しています。

シシドも休憩!

10430420_690219194401763_6453094901787245443_n

PC3到着です。もうあたりは暗くっていました。時間に余裕があったのとこれからのアップダウンに備えて結構な休憩をとりました。

太田商店と言うPCでコンビニでないのは珍しいです。16:55到着(タイムリミット 17:46)

DSC01426

さすがに顔に疲れあります(笑)

この後は車の通れない暗いクネクネ道を走って行きます。そして急な登り坂あり、アップダウンありのコースです。ここから平坦なゴールまでの道路まで約27kmです。ここをストイックに走れれば4人は完走出来るはずです。

後から聞いたのですがシシドが猛追してPC3に17:43(タイムリミット 17:46)に到着。

皆必死に漕ぎました。だいの大人がヒーヒー言いながら漕ぎました。もがいていると大きな道路にぶつかりました。

「あっ!いけた!」

平坦な道を30km前後のスピードで走ります。200km地点にコンビニがありました。ゴールまで6km程度タイムリミットまで1時間以上あり、ゴール地点では購買出来ない、また後続を待つ時間も考えて寄りました。

タナベーと会話する中でブルベの勉強しているのが手にとるように分かります。おそらく先人のブログ読んでいます。PCやスマホに全く無縁の男が目的を得る為に勉強しているんです。

なぜかヒロがプリン食べています(笑)

DSC01428

さてと、ここからラストランです。海を横にみる海浜公園ですのでゴールに近づくにつれ潮風を感じます。もうすぐゴールである事がメンバーには分かります。

やったゴールです。

200km(206km) ブルベ 設定時間 13時間30分です。

北田宏明(ヒロ)・・・13時間02分
小野和彦(小野)・・・13時間04分
田辺佳浩(タナベー)・・・13時間05分
石川勝裕(イッシー)・・・13時間08分

そして最後の追い込みで・・・

宍戸慎一良(シシド)・・・13時間09分

でした。応援してくれた方ありがとうございました。

田辺佳浩(タナベー)が53歳にして200kmランドナーになりました。

10749117_356431017872391_41052341_n

完走したメンバーにAJ千葉のスタッフの方がもてなしてくれました。美味しかったスープ!

DSC01435

次のブルベでは岡村さん、ジーケン、平野にコレを味わって欲しいですね!リベンジ期待しています。

その後、ヒロとタナベーは平野を車で向かいに行きました。岡村さんとジーケンはDNFでしたがゴールまで走っている様子です。3時間半ぐらい待っていました。だんだんと強い雨が降ってきました。

事故でもなきゃいいなぁと心配していました。

23:30ぐらいだったでしょうか?シシドと二人で仮眠をとっていると来ました。岡村さんとジーケンも車に拾われてきたようです。

ブルベで一番大事な事、それは無事に家に帰ることです。

次の日・・・タナベーからメールが来ました。

パンクしにくいタイヤって何がいいでしょう?

俺達のブルベは続きます。


無料です。講座参加の無料クーポンついています。・・・アプリダウンロードしておいて下さい。
asuken-app-and

apple store

アスケン案内

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>