この話はいいね!飲食店の賢明な新規開業者が教えてくれた凄く勉強になる話。

シェアする

新規開業

『先日アスケン会員さんが12月に横浜で飲食店の新規開業をするのでリトルライオンの新プログラムの「開業前ワンディアドバイス」を利用して頂き小野和彦と宍戸慎一良で行ってきました。』

最寄駅から店舗まで歩いていきながらローケーションを診て、店舗内ではハード、レイアウト、その他の案件事項をチェックしました。

「ここままオープンすると非常に困るであろう内容を中心にピックアップしました。」

今回のクライアントさんはスペインの料理をおくレストランを開業するのですが、この店舗に着手するまで会社を辞めてから8年間の準備をしています。勿論スペインにも2年半行って飲食店で働いています。

この8年間は結婚して奥さんと二人でずっと準備してきたようです。

料理は出来そうなので飲食店の経営意匠の背骨の部分にあたる「メニュー構成」を中心に話をして行きました。

メニュー構成って言うと難しいですが3つの要素をみます。

・客単価レンジ設定

・ポーション設定

・原価、売価設定

付随で考えると「提供時間、滞店時間、時間帯」・・ここの設定も行います。

こんな点がガイドラインになってメニュー、メニューの構成が出来がって行きます。

このガイドラインを通さないとまず売れません。まず儲かりません。

飲食店の経営意匠づくりの8割がこのメニュー構成で決まります。

やっぱりこのあたりが凄く知りたかったと言っていました。多くの新規開業者はここを考えないで雰囲気とか適当につくるので売れない事が稼げない事が多いです。

そんな中・・・何でアスケンに入会したの? 何でわざわざワンディアドバイス利用したの?と言う話になりました。

アスケンに関しては「開業してからも相談する人いないと飲食店経営をして行くのは日本では難しいと思った」

ワンディアドバイスに関しては正直悩んでいて・・・ここのテナントを借りた時に相談しようと思ったようです。

このテナント実はまだ1年半程度しか使用してなくて、そのまま利用出来るレベルでした。投下資本は1500万円程度ではと言う事です。そんな新しい店を前のオーナーさんがなぜ出て行ったかと言うと簡単に言うと赤字だったようです。

20数席しかない小さな店舗ですがオーナーを含んで4名のキャストで開業したようです。

二番手の人が料理をメインでつくってオーナーは若いようですがたまに店にチェックに来るような形で運営していたようです。今は7坪ぐらいの小さな店舗でオーナー1人で働いているようです。単純に考えても損失は2000から3000万円はあるでしょう!

従業員が沢山いたので店舗規模以上の売上高を得るように頑張ってしまった。

他にもおそらく問題はありそうです。

会員さんには伝えておきました。

多くの新規開業者に言ってきたこと・・・

「運営は出来るかも知れないけど経営は出来ない。経営出来ないと最悪赤字」

これが店舗経営です。

この日はメニュー構成の話をしました。ただ、この構築によって得たい目的は「売りやすく、稼ぎやすく、儲けやすく」と言う事です。そんな心配する必要はないと言う方がいるかも知れませんが前のオーナーさんは何千万円もの投資をして借金だけが残ってしまった。

こんな事があってワンディアドバイスを受けたようです。

ちなみ弊社リトルライオンで行う経営サポートはアスケン会員さんだと相当安く利用出来るサポートもあります。それは会員さんと情報交換がアスケンで出来ているので一般の面識のない方とは労力が違うからです。

この日、追加のワンディアドバイスを注文して頂きました。

次回は「数字」の話をする事にしています。PL構築は勿論ですが客数を増やして行く実施内容を複数設定しようと思っています。

この開業前のワンディアドバイスは新しく出来たサポートで今回初めて行いました。ただ、感じたのは以前やっていた開業サポートとは全く内容が違います。成功させる為の難易度は相当あがっていますね。

そんな事もあって非常に安いのでこのワンディ式のサポート凄く良いと思いました。

興味のある方はどうぞ!

http://www.little-lion.com/press-3-516.html


無料です。講座参加の無料クーポンついています。絶対にゲットするべきですよ!・・・公式アプリダウンロードしておいて下さい。
asuken-app-and

apple store

アスケン案内

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>