人脈をつくりたいって言う経営者さんが会員さんにいるんです。経営者が得るべき人脈!

シェアする


人脈01

『ある会員さんから、人脈づくりをしたいって言われました。その人は経営者一年生・・・確かに分かる。小野もそうだった!ただどんな人脈が必要かはあやふやだった!』

では・・・どんな時に人脈が欲しいと思うか?

・売上がもっと欲しいとき

・経営のアドバイスが欲しいとき

・自分がやっている事に疑問をもつとき

・将来になんとなく不安があるとき

おそらくみんなそうだと思う。

だから古い経営者は人脈をつくれって言う!

ここに挙げた4つのことを良く読んでみて下さい。

すぐに分かると思いますが・・・

この4つの事をまとめると

『人脈をつかって彼らの力で売上を得たい』

こうなります。

なぜかと言えば、自分で自分のアピールをするのが一番売れないことをなんとなく分かっているからです。

とくに人脈が欲しくなる人は1人若しくは少数でやっている人が多くなります。

なので社内に実際に営業マンがいるところは別に困らなかったりする訳です。

そこで考えたことなのですが・・・

現実は・・・

『相当親密な人でもお客さんは紹介してくれない。してくれても相当少ない。』

『もし人脈に何か与えてもらったら何かを返さないと長続きはしない。』

そして・・・

売上を与えてくれる人脈って・・・実は関わるだけで相当な出費を必要とします。(笑)

なので小野も相当苦労しました。

だから結局自分一人で売るしかなくなっていました。

この売上を上げる環境であったり、お客さんを紹介してくれる人をアスケンでは「応援」してくれるっていいます。フェイスブックのコメントや「いいね!」で「応援します」と言うのとは質は違います。

小野も不思議なのですが・・・

アスケンの会員さんって・・・入会したら分かると思いますが「応援」してくれます。

所詮経営なんて・・・

『直接売上をとる事をやっているか?』

『売上が上がりそうな事をやっているか?』

この似ている行動の差で天国と地獄を分ける位の差が出るんです。

アスケンは小野も宍戸は勿論そうですが会員さんも、直接売上をとる事を応援してくれます。

確かに応援する事も応援される事も多くは彼らにとっては未知の分野だから物凄く大変なはずです。ただ、売る為の範疇や実際の売上は確実に増えて行っているようです。経営が楽になったと言う方も多くいます。

売上を上げて行くって大変ですが・・・一人でコツコツ売っていくよりは比べものにならないくらい楽です。絶対にです。逆に言えば一人で売るなんて今の時代・・・気が狂うくらいつらいです。

それは一人で売上をとって行くって絶対に努力した事が成果になるって分からないで行動するから・・・ガチで出来ない。

でも人間ってきつくても努力したら確実に成果が出るものには貪欲に関わる事が出来る!

ゆっくりで良いから応援もして応援もされる関係を築けるアスケン!

なので質問された会員の方には言いました。

少なくても人脈探すならアスケンでイベントでもやってみたら、それやればアスケンぐらい応援してくれるところが無いの分かるよ!実際に実績も見ているでしょ?少なくても絶対にあなたが探してもそんな人脈は1人もいないよ!

『あなたは会員さんに多くのものを与えているから皆も与えてくれるよ!』

生きて行く為の基本です。

10年経営しても気がつかない人もいますが!(笑)

スマホ持っている人は・・・コレをダウンロードしておいて下さい。


asuken-app-and

apple store
※apple store からのダウンロードはまもなく可能になります。しばらくお待ちください。

アスケン案内

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>