どんな人でも同じです。立場に関係なく、お金を稼ぐ為に一番最初にやる事。そして、やり続ける事。

シェアする

手 与える 米国.

『人間の人生は実にシンプルに出来ています。すべての事象がたった2つの事だけで出来上がっています。その事で豊かになったり、時には戦争をしたり、殺人が起きたり、命を助けたりと・・・すべて人間がやっている事なんです。』

そして思うんです。

だから、人間の命には限りがあるんだと!

実はアスケンもそんな奇跡的な人間の縁で出来ています。

同じ時に同じ場所で同じような年齢で・・・そして逢った!

ただ、何百年もみんな会えないんです。だから凄く大事にしたいと思っています。

そして一日でも早く会員さんが満足する「豊か」を得て欲しいと思っています。

では・・・先述の2つの事って何か分かりますか?

「与える」と「得る」

です。人間はこれだけの為に大変な思いをして生きて行く訳です。

勿論、それによって喜ぶ事もあるんです。

人間はもし稼ごうと思ったら最初に行う事は「与える」なんです。

立場に関係なく「与える」が出来ない人は絶対に稼げません。

実はコレってインターネットによって物凄く具体的になってきた事です。

インターネットを利用してメールマガジンでもブログでも同じですが影響力や売るって事を考えると「数」が多い方が有利です。メールマガジンなら読者の数(リスト)、ブログならアクセス数です。

例えば、小野が書く「おのぶろぐ」って年間に100万PV以上あるんです。もし、小野がある人の事を記事で紹介するとします。コレって「与える」なんですね!

そして、紹介した人のブログをみて仕事が発生するかも知れません。

では、この紹介した人のブログが年間10万PVだとすると、この人は自分のブログで10回「おのぶろぐ」を紹介するのが礼儀なんです。・・・つまりインターネットでは「与える」が数字で分かるんです。

まあ、フェイスブックも同じようなことが言えると思います。

・・・ただし、ブログを見て仕事が入ってくる事って実は無いんです。だから・・・読んで貰った人に仕事を発注して貰えるように「仕掛け」をしないといけないんですね!

その仕掛けつくって稼ぐ実施してみない?

って言うのがアスケンなんです。

多くのセミナーでは「仕掛け」までをつくる事はしますが「実施」を見てもらう事って出来ないんです。ただね、コンサルタントって実施まで見ると損するから見ないんです。だって見ててもお金もらえないからです。(笑)

ならセミナーでもコスコスやった方が稼げるんです。

実は金を稼げているコンサルタントは受講する人、クライアントに「与えて」WINにしているいるか?

と言えば・・・そうでない事の方が多いです。

まあ、営業トークにして「稼げているコンサルタント」の方が成果が出るよと言っている人もいますが・・・こういう人って皆さんも知るように短命です。・・・与えている以上に得ているからです。

話は変わりますが会員さんの中には会員さんを紹介してくれたり、ネットでシェアしてくれたりする人もいるんですね!つまり、こんな人はアスケンに何かを与えてくれているんです。

この「与える」の行動が大脳を使わずに延髄で出来ると・・・

どうしたら得れるかが非常に分かるようになるんです。

これを知る前に「得る」をしちゃうからみんな上手くいかなくなるんです。

先日、このサイトでも掲載しましたがアスケンRIDEがありました。

参加した人は分かると思いますが・・・この人って「与えられる」つまり「稼げる」ようになるなぁって思う人がいたと思うんですね!あれが間近でみた人は勉強になったと思います。

それって・・・なんで見れたかと言えば・・・自分の時間をその場所に与えたから見れたと思うんです。

アスケンも同じです。

もし、あなたが何かを得たいと思ったらアスケンい月会費と時間を与えてみて下さい。

そして、騙されたと思って多くの「与える」をやってみて下さい。

そうしたら、絶対に「得れる」人間になります。言い切りますよ!

なんで、こんな話をするかは簡単です。それは命には限りがあるからです。

では、皆さんはどんな人に与えたいですか?

そうです。与えてくれる人です。

でも与えるのがダメな人は何も得れません。

・・・だって記事の内容が良いとアクセス増えるんです。

なぜか?記事の内容に感謝する人が多いからです。

でもね、与えるって勘違いしたらダメですよ!

相手が稼げるげるようになる為に与えるんですよ!


無料です。講座参加の無料クーポンついています。絶対にゲットするべきですよ!・・・公式アプリダウンロードしておいて下さい。
asuken-app-and

apple store

アスケン案内

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>