明日の実務経営意匠研究会(アスケン)開始して、もうすぐ4年!小野和彦も驚いた!やっぱりつくって良かった!未来は楽しい!

シェアする


小野和彦 アスケン

最初はどうにもならない人が1人でも豊かになればいいなぁと思ってこんな団体をつくりました。

『やっぱりコンサルタントってある程度お金を用意出来ないと使えない』

これがコンサルタントをしていた時のいつも思っていた事でした。なので個人とか小規模の経営体だとまず使ってもらっても1日とか10日程度なんです。

ただ、本当は僕らの仕事って個人とか小規模の経営体の方が使いたいんです。それは社内や店舗に人材もいないし、インフラもないからなんです。

2010年の夏でしたね!「フードビジネスコンサルタント」から「経営意匠プランナー」と言う名前に変えて思い切ったのは!

そして2011年1月にアスケン(当時は明日の飲食繁盛店研究会)を発足して講座を開始しはじめました。

それからずっと会員でいてくれる方、中には勿論退会して行く方もいるのですが当時から比べると物凄い研究会になったと自負しています。それは研究会を盛り上げてくれる方が増えてきた事です。

ただ、辞めて行く方でも入会当時とは比べものならないくらいに「知識と技術」を持っていかれます。

入会当時では考えもつかない程です。フェイスブックの達人になったり、ブログで何万ものアクセスを得るブログをつくったり、人間って凄いなぁと思っています。何歳になっても成長出来るのが人間なんだと思っています。

なぜこんな事が出来るようになっていくかって・・・やっぱり環境なんです。

小野の話で恐縮ですが高校を入学した時に小野は将来専門学校に行ってエンジニアになろうと思っていました。高校二年の時でしたね、仲の良い友達が沢山出来ました。

学業的にはトップクラスの人間からクラスでワースト5に入る人間もいて・・・

『みんな大学受験するって言うんです!』

結果、小野は大学受験をして大学に行く事になるんです。勉強も大嫌いでしたがしましたね!1日7時間ぐらい、現役だったから大変でした。(笑)

これを環境って小野は言っています。

小野は日本大学なんですが専門は建築で一応一級の受験資格も持ってます(笑)、たまたまうちに来た研究室の教授が東京工業大学の先生だったので三年生から東京工業大学で卒論書きました。・・・日本建築学会で卒論が賞を頂きました。(笑)

『人間は環境に身をおくと新しい知識を得て行動出来る』

なので小野は運が良いなぁと思っているんです。

なのでセミナーや講義を中心とした勉強会で知識教授するのは意味がないと思ったんです。

入会する人が豊かになりたいとか稼げるようになりたいとか売れる人間になりたいと思ったらアスケンに身をおいて感じて知識得て行動してもらえれば良いって思ったんです。

これを読む方なら分かると思います。いくら知識を得ても今あなたが持っている環境で何かが出来るようになるって余程スーパーな人間じゃない限り無理です。

そんな事もあってアスケンでは部会をつくったりコラボビジネスを企画してやったりしています。

会員さんにとって第二の会社になって貰えれば良いと感じています。

もう4年近くやっていればわかりますね!

この研究会もう化学反応起きています!長く居る人は相当な事を出来るようになっています。

主催をする小野が言うのも変ですが世界を見ても最高の研究会でしょうね!

最強に与えられる人間になれれば人生は間違いなく好転します。老人になっても稼げるし売れるはずです。

ただ、これを読む会員さんは知らないうちに凄い知識と凄い技術がついている事を気がついていないようです。(笑)

一度辞めて気がつく人もいるようです。なので再入会するなんて言う人も出てきているんで良かったって思いますよ!

この小野とか宍戸じゃない・・・この環境に価値があるんだと思います!・・・学校卒業して社会人になる前にこんな団体あると凄く良いと思います。

人間は環境を得ると行動します!

アスケン案内

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>