2015年 店舗経営とアベノミクス!時間軸と競合を認識出来ないと利益を出す店舗はつくれない。

シェアする

Exif_JPEG_PICTURE

こんにちは小野和彦です。

皆さんはもう気がついているのでしょうか?

アベノミクス化によって「店舗経営で行う事が明確になった事」をです。

分かりやすい位に明確になりました。

得に10億円に満たない経営体は確実に言えます。

ではアベノミクスって何でしょうか?

簡単に言うと「大きな会社」「富裕層」を美味しくするものです。そして国の税金が増えて、収入が増えた「大きな会社の社員」「富裕層」は金を使うから国内に金が回る。そして「小さな会社」「貧困層」にも徐々に還元される。

こんな内容です。

ただ、どうやら還元されていないので「小さな会社」「貧困層」は物価や税金が上がっただけなので更にきつくなっている状況です。

つまり、いわゆる一般大衆の利用する店舗はどんどん赤字化が進んでいる訳です。

特に飲食店経営などは直接的に悪化しています。

ただ会社の規模に関係なく「回復させられる要素」を持っている所は今後数字を残して行くと思います。

逆に「回復させられる要素」を持っていない所は継続経営は難しくなると思います。

いや?無理だと思います。

今まではこれから話す要素に対して出来ていなかったり、知らなかったり、欲しいけど諦めていた経営でも存続したり利益を出したりしていましたが今まで20年間で3000名以上の店舗経営者のコンサルをして来ましたので凄く分かるんです。

今を見ると….

この要素を持って経営している店舗って未だに売上を上げているんです。

アスケンの会員さんの中にも何名かいますが最初にお会いした時には想像出来ない現状です。

なのでより自信を持ってこれが書けます。

以下に示す内容が「回復の為の要素」です。

①新規客を集客出来る
②人(アルバイト・社員)の採用が出来る
③再来店を促せる「考え」「教育」「実施」が店舗スタッフに出来る
④権限委譲が出来る・委譲出来る人間がいる
⑤時間をつくって「情報」「勉強」「構築」をしている
⑥店舗の現状掌握が出来る数字・データをデイリーで分かる
⑦数字が変わる分岐が分かる

将来的には全ての要素を獲得して欲しいのですが1つずつクリアにしただけでも十分に実感出来るはずです。

会員さんの中には何個も持っている人がいます。

これを読む皆さんも少し想像してみて下さい。

以上の7つが得れて実行出来たら凄くないですか?

逆に言うとこの7つが明確に分かっただけでも他の店舗経営者よりもアドバンテージが出来ているんです。

実はこの記事を書くのには1つのメールが要因になっています。

時間軸の話です。

大阪の方で飲食店の経営をする山田(仮名)と申します。小野さんの事はアメブロ時代からのファンで勿論アスケンも知っています。私の店舗ですが残念ながら1月で店を閉じました。今は知人の飲食店で働き始めて少し落ち着いたのでメールしました。

アスケンにも、もう少し利益が出たら行こうと思っていましたが、すぐに行けば良かったです。なんか変なプライドみたいなものがあってメールで相談すら出来なかったです。

私は何が出来れば良かったか? 小野さんに教えてもらいたくてメールしました。……….

言葉がないのですが小野にとっての反省です。

具体的に店舗経営のサポートを始めて20年になりますが「これをゲットして経営をしなさい」と明示した事は無かったんです。なので今回は明示しました。

そして2015年のアスケンはコレで行こうって思いました。

おそらくずっとコレで行きます。

この内容って欲している人であれば絶対に出来るのが良いんです。

アスケンでは当然ですが7つのうちの6つは教えて実施出来るように出来ます。小野が出来ないのは⑤です。山田さんも⑤が出来なかったんです。つまりセルフコントロールです。

これが遅れて、このような状態になってしまった訳です。

小野が会ってきた経営者の方は年収で何十万円と言う方もいました。でも今ではおそらく何千万円かそれに近い収入はあると思います。

なので…

「やる事が明確になって出来る」

って凄いんです。

同時に経営するなら年々楽にならないと行けない訳です。それは歳をとって行くからなんです。

楽にする方法は「自身でガチで現場に入らないでも収益が上がっていく形」をつくらないと行けない訳です。だから「学んで実施していく訳」です。つまり、学べない人は絶対に楽にならない訳です。

そして、最後に小野が言いたいのはアスケンってリスクがないんです。

「モノを買う事と違って学んで実施した事が金に変わるからです。」

例えばアスケンの月会費が20000円だとするじゃないですか?

「学んで実施して最低回収すら出来なのであれば経営自体出来るのか?」

と思ったりします。

つまり、実施する覚悟がある人であれば回収以上の収益は間違いなく得れるはずです。

経営ってそうですよね?

「本当は知ってやらないと行けない事は経営を始めて1年もすれば誰でも分かる」

結果、貪欲に自分の欲しい知識、技術を入れて実施している人は経営状態も収益も良くなって行く訳です。

結論を言えば自分の時間をつくって「知識」と「技術」を得て行く経営者にとっては物凄くラッキーな時代になったかも知れません。

それは店舗経営者って拘束時間が長すぎて「自分の時間を作れない事」を美徳と考えている人が多いから!

「経営やって稼げないならサラリーマンの方が良い」

です。絶対です。

最後になりますが小野の体感ですが実際に7つのうちのいくつかを持っている人っているんです。でも全く持っていない人やそれに近い人もいます。

完全に「大人」と「子供」です。

つまり、持っていない人は基本的に「売上が上げられません」、上げても少しだし、広告費の方が高い人もいます。

小野は現在の状態は全く関係ないと思っています。

いずれ持ってない会社は必ず赤字化するからです。

小野が伝えたいのは7つをゲットして実施出来るようになって欲しいだけです。

これを読む方の中にも1%ぐらいは自身で出来る人もいます。

これを読んだ今日から取り組んで下さい。

ポイントは学びの時間をつくる。実施する。自身で実施した中で一番良い効率的な方法をやる。これを6つの要素でやるだけです。

小野も勿論、28年間やってきて今一番良い6つをアスケンで教えているだけです。

小野はアルバイトでも出来ないと嫌なので難しい方法はありません。

アスケン公式アプリがここからダウンロード出来ます。勿論今なら無料です。
『おめでとうございます。店舗経営する人、店舗経営に関わる人、今後店舗経営をしたい人、そしてアスケンに興味を持っている人にとってはこのアプ...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>